女性に多い更年期障害の悩みオサラバ|女性の病気を知ろう

病院

腸内環境を調べるのに必要

hospital

法律上定められている

検便検査は大便を用いて含まれる細菌の状態を検査するものです。食中毒などにかかった際にまだ腸内に細菌がいるのかどうかを検査するために検便検査を用いることもありますが、病気になった人だけが受ける検査ではありません。例えば、調理従業者など感染防止の観点から検便検査を定期的に行うこともあります。調理師の場合には、検便検査は法律で義務付けられていることもあり、衛生マニュアルにも記載されています。細菌を特定してその細菌が存在するかどうかの検査は、比較的安価で行うことができます。サルモネラ菌や赤痢菌やO157細菌などが対象となっています。この場合の検査料金は、数百円で行うことができます。さらに検査対象の細菌を増やすとその分料金は高くなります。

正常細菌検査にも利用

検便検査は、感染細菌を特定するだけではありません。病気になると腸内環境が狂ってしまうため、正常な細菌が必要数存在していないと病気を治すことができません。そのため、腸内に必要な細菌が既定の数存在しているかを調べることも重要です。腸内の細菌の状態は検便検査で行うことが一番効率が良いため、病気の検査で用いられます。食物を分解し、必要な栄養素を体に吸収するには、大腸の中できちんと分解を行われていないとせっかく摂取した栄養素を含む食品もそのまま体外に排出されてしまうのです。必要な細菌が存在していない場合には薬や栄養素を用いることになりますが、自然と増加していくような治療も重ねて必要になります。そういった意味でも検便検査は重要なのです。